2010年12月14日

ウツは低体温 その2

ウツは低体温以前書いた文章の続編です。
http://utubyou358.seesaa.net/article/102257451.html#comment
http://ameblo.jp/unsui37/entry-10363054127.html

なぜこんなことを書く気になったかというと・・・

蒸着.JPG

はははっ!
モモヒキを今日から履きました。

やけに寒いな〜
と思ったら、
今年はモモヒキを履いていなかったのです。

『蒸着』だ〜〜!



って冗談ですが、(変身は45秒頃から)
モモヒキ履いております。

ここからのお話は真面目に・・・



体温が下がっての症状

36.5度〜37.0度 健康体で免疫力も旺盛

36.0度   震えることで、熱を上昇させる

35.5度   排泄機能低下  (便秘)
       自律神経失調症症状が出現
       アレルギー症状が出現

35.0度   ガン細胞が最も増殖する温度
      免疫力の著しい低下

34.0度   溺れた人を救出後、生命の回復ができるかのギリギリの体温

30.0度   意識消失

29.0度   瞳孔拡大

27.0度以下 死体の温度


やはり
冷え込みが厳しくなると
ウツ症状が強く出やすくなりますから・・・

『私のところで、
(あなん療法所)
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html

3000円
治療費払うより、
お風呂に行って

長湯

されたほうがいいですよ!』


お伝えしております。


長湯

 ↓

体温上昇

非常に有効な
療法だと
思います。

いつもありがとうございます。


うたしショップアーナンダホームページ
http://a-nanda.open365.jp/
気功整体あなん療法所
http://ananda.shikisokuzekuu.net/kikou.html
メインブログ アーナンダ(日記)
http://ameblo.jp/unsui37/
気功整体あなん療法所ブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/
こんな顔です ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=f3KUm_8Izss



ラベル:うつ ウツ 低体温
posted by アーナンダ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

斎藤一人さん ウツに役立ったもの2

斎藤一人さん ウツに役立ったもの

音楽や音が聞きたくないくらい、
追い込まれてたときも、
聞けました。

私がウツの頃
やはり何十回と聞いた話です。
地球が天国になる話音声
http://www.youpublish.com/files/20930
テキスト抜粋
http://homepage2.nifty.com/Hiroshi_m/book10.htm

いつもありがとうございます。
ラベル:斎藤一人 ウツ
posted by アーナンダ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

斎藤一人さん ウツに役立ったもの

あっさり書いたほうがいいですね。

私がウツの頃
何100回とCDで聞いた話。

100回聞きシリーズ11「上級の話」
http://hitorisantoiku.seesaa.net/article/144971838.html

困ったことは起こらない。
学びなんだ。

100回聞きシリーズ4「つやこ49」
http://hitorisantoiku.seesaa.net/article/142883260.html

因果の話
とか入ってます。

まずは聞いてみることかな?

いつもありがとうございます。
ラベル:斎藤一人 ウツ
posted by アーナンダ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

言うことを聞かない子の母親の考察

ウツ病ブログではありますが、

『いうことを聞かない子の問題』

の場合、
こんな考え方もある
という感じで読んでいただければ幸いです。



小学生のA君。
お母さんのB子さんと一緒にいました。

ある場所で過ごした後、
A君は自分のカバンを持たずに外に出ました。

B子さん:A!、あなたのカバンだから持ってって!!

A君:やだよ〜〜

B子さん:しょうがない・・・

と言って
 カバンを
  持って帰りました。



このケースの場合

多くの大人が、

『A君、お母さんが大変だから持って行きなさい』

とA君に声をかけると思います。

これも大事です。


ただ
本当にA君だけの問題なのでしょうか?

実は、
お母さんのB子さんが、
ある種、
一回一回

面倒だから

いうことを聞かなくなった側面は無いでしょうか?


上のケースで、
カバンを置いたまま帰っていくことを繰り返せば、
A君は自分のカバンを
 持ってかえろうとする
  人間になるのではないかと思います。


カバンを持ってかえってあげる母親。
カバンを置いていく母親。


本当に子供のことを考えて
行動しているのはどっち?

そう言うことを
 B子さんに伝えることが大事だと考えています。

見方道アドバイザー アーナンダでした。
posted by アーナンダ at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

プラス思考と感謝思考

小林正観さんの
『神様の見方は私の味方』
何度も読み返しています。

IMG_0918守衛のオッチャンと、2晩過ごした、日本人か?聞かれた後.JPG

関係ありませんがこの写真。
4年前、悩んでる顔ですな〜〜





以前から

『プラス思考』 
 と
『感謝思考』
の違いを
考えていました。



今日
一つだけ思い浮かんだことがありました。


MORE で モアモア

プラス思考、ポジティブシンキングは
先行きに良いことがある!
というような考えと思っております。

『もっと、もっと』(英語はMORE)

コレは今現在を
悪いというか、劣ったものとして
認識している。


私なりの
感謝思考の解釈は、

今、ここの状況を受け入れる、楽しむ。



これって
説明も
実践も
かなり困難かな〜〜
と思ってはいます。


MORE = もっと、もっと

があるから、

胸がモアモア
するのかもしれません。


『神様の見方は私の味方』
【宣伝です】
うたしショップ あーなんだ
       ご注文のページ

http://a-nanda.open365.jp/Products.30.aspx

(送料・手数料 無料です)
posted by アーナンダ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ツハラさんは結構冷たいんですね

『ツハラさんは結構冷たいんですね』

最近よく言われます。

コレ、自分では
 すごく
  うれしい言葉です。
2つほどポイントがあります。



『相手の相談事をすべて助けなくなった』

英語で言うと、

 ヘルプ

をし過ぎていた自分がいました。


 サポート

を最近は考えています。

これ、親御さんがお子さんの相談でお見えになる時、
お伝えするのが難しい部分であったりします。
(この辺の実例は、いつかまとめようと思ってます)

最近、多いのは斉藤一人さんの
『大宇宙エネルギー療法の水晶の手続きをお願いしたい』
というものです。

モチロン地元の、
 八戸周辺の方はお手伝いします。

関西や九州の方は・・・
『お近くのまるかんさんに問い合わせてください』
とお伝えしています。

この後

『冷たいんですね』(最近続いてます。)

と言ってくださる方が多い。

コレをヘルプして、水晶をコチラから送ってもいいのですが、
どういう状況になるでしょう。

大宇宙エネルギー療法を
一緒にやっていく、
仲間が出来る機会を奪うことになります。

わざわざ、岩手青森の人間に頼んでしまうことが、
交友関係を狭めてしまう ことになっていること。
自分で何かする
自分の足で歩く、
それを阻害してしまうことになります。

なので、ブログで内容はお伝えしても、
お手伝いしないことが多いです。

この文章は言い訳?
になってるかもしれないな〜〜



もう一つ、
自分なりのポイント。

鏡の法則の野口嘉則さんの本。





この中で、
ビリーフ
というものがでてきます。

ワークシートで探ったところ、

『すべての人に好かれなければならない』

という、非合理的な考えを
 ワタシが持っていることがわかりました。

あのガンジーマザーテレサ、キリスト釈迦でさえ出来なかったこと。

それでも、

 好かれたい

と思って、色々やってしまっている自分がいました。

『冷たい』

といわれるたびに、

 ヨシッ!

という気持ちになる今日この頃です。


冷たい男、
 アーナンダでした〜〜♪


posted by アーナンダ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

野口嘉則さんのブログ

『鏡の法則』
で有名な野口嘉則さん。







ブログを良く読ませていただいてます。
過去の記事を読んだりしても、
納得の内容です。

ワタシも
 見方道アドバイザー
としてご相談にのることが多くなってきました。


結局は、

自分探し。
というか
本来の自分を
見抜きに行く作業になります。

この
野口嘉則さんのブログを読み進むだけで、
自分
を発見できると思います。

http://coaching.livedoor.biz/

最初はこの中の、

『人生を飛躍させる
      3ヵ月間ワクワクチャレンジ』


http://coaching-m.co.jp/blogmap.htm

が良いかと思います。


毎度ありがとうございます。


ポッドキャストの音声配信で、
野口さんの声が聞けます。
http://siawaseseikou.cocolog-nifty.com/blog/
posted by アーナンダ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

良かったですね は魔法の言葉?

hitorrisan  e.jpg

私は
小林正観さん認定!
(誰でも取れますが・・・)

見方道アドバイザー

であります。
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html

いろんなご相談にのることが増えました。

そのコツは、

『良かったですね』
で答えることです。



『社員が辞めたいと言っている』
  『良かったですね』

『うちの娘が何を考えているか解らない』
  『良かったですね』

『姑の看病疲れで体がきつい』
  『良かったですね』



不思議かもしれませんが、
 やって見ると解ります。

『良かったですね』

と言ってから入ると、
良かった理由を探しに行きます。

で、
その答えはご相談されてる方にとって
意味のあること
やれること
が出てきます。

上の例だと、

『社長に相談しやすい会社なんですね。これからは辞めると言い出す前にお話を聞けば良いですよね』

『そのご相談にはのれません。娘さんに聞かないと解らないことですから。家族のコミュニケーションの問題に、気付くサインかも・・・』

とかですね。



逆に

『大丈夫』
『心配だわ・・・』

から入ると、
おなじステージの上の演技者になってしまい、
アドバイスが出来ない状態になります。



そんなわけで
 最近は
自分にも

『良かったですね』

の毎日です。


悩みの無い人は
いませんから。


ありがとうございます。
posted by アーナンダ at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

涙、 涙の記憶

アーナンダで〜〜す。
結構読んでくれる方がいて、うれしい限りです。

涙、
特に
『浄化の涙』について書かせて下さい。

ドバドバ涙が出るのですが・・・
体験した方は解ると思います。

本当に、身も心も洗われたようになります。

具体例を挙げたほうが解りやすいのですが、
アドバイザーは
守秘義務
がありますので・・・

複数のケース等を
一般化
した例でご紹介させていただきます。

namida.jpg


『誤ったと思ったら、 謝る』

の話も入れました。

いつかこの話も、
 長めに書くかもしれません。



ウンチクコーナー
『涙』の語源

英語圏のほうでは、
>>dacru、「眼から流れる水」という言葉から発生<<
だそうです。

古事記の歌謡で、
那美多ぐましもという記述。
万葉集では、
涙(ナミダ)
と濁音だそうで。

な = 『泣』『鳴』の語で、
なみ = 『なきみづ』
た、だ = 接尾語

という感じだそうで。

なるほど、
調べてみるもんだ。

大和言葉というか、古い言葉っていうか、
日本語はきれいですな〜〜



さて小林正観さんの
『やがて真顔のジョーク集』に
この
涙のことが書いてあります。

私の体験も交えて書いたブログ。
宜しければご参考に
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/87030845.html

そんなわけで、このときは2日間
涙が出まくりました。
それと
今野華都子さん(世界NO,1エステティシャン)の
講演&握手
の時も
1時間ほど
涙が出ました。



結論から行くと、
どうやら

◆何かに魂レベルで気づいた時

涙が大量に出るようです。

顕在意識レベルで
ご本人が認識する、しないに関わらず。



『誤ったと思ったら謝って見るの話』

コレまで何回か同じようなケースで、
同じようなことを言ったことがあります。

◆お子さんのことで親御さんが悩んでいるケース。

不登校やひきこもり、ウツなどでお子さんの問題を抱えているとき。
問題の時点で親御さんも精一杯の対応をされたと、
話を聞いた私も感じる。
ただ現状は、うまくいっていない。

こういった場合、
学校の件とか、その後の生活とかは親御さんが何とかしている。

  ここで、現象と感情で分けます。

一見
現象的には親御さんが精一杯(本当に悩まれてるケースなので)
手を尽くしている。

ところが、感情面の処理が無い為、
お子さんも親御さんも苦しんでいる。

お子さんのサイドでは、
『何もしてくれなかった』
『話をしても親も周りも、解決してくれなかった』
『自分をかまってくれなかった』

等の感情が、
残っているようです。

一方、
親御さんは、
『どうやってもうまく行かなかった』
『学校が・・・』
『いじめた子が・・・』
等の思いがある。

一番苦しいのが、
『親として、どうすれば良かったのか?』

今も
悩み続けている。

長くなったし、タイトルと違うので、
実際の話に戻します。



アーナンダ(以下A)『色々と手を尽くされたんですね。当っていないかもしれませんが、ちょっと厳しいことをお話して良いでしょうか?』

親御さん(以下Bさん)『ハイ、もし気付いたことがあったら、何でもおっしゃってください』

A 『おそらく、お子さんは何らかのサインを送り続けたと思います。他のいろんな状況(イジメとか学校の対応とか)を抜きにして、

 親として気付いてあげれなかったことは、ミスの意味の誤りとして認めることは出来るでしょうか?』

Bさん 『そうですね。多分というか、今思うと・・・。気付かなかった点は、私たち(両親の意味で)に責任、誤りはあると思います』

A 『その点を、誤りと思ったら、謝って見てはいかがでしょうか?』

ここで、Bさんが納得された場合、

思いっきり
涙が出ることが良くあります。

この後、
Bさんが、

 『その話をして、謝ってみます』
と言ってくれると、
実は
ホッとする
私です。


 
ちょっと別の話の展開になりました。

涙、浄化の涙の話でした。

上の例は、一つのパターンです。

私の場合は、
正観さんのアドバイスで、
『我、誤てり!』
と恥じ入った時でした。

思いっきり、泣けると
スカッとします。

長い文章になりました。

ありがとうございます。



posted by アーナンダ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

何の為に生きるの?生まれたの?


アーナンダです。
ある方からの質問で、
私なりにまた考えさせられました。

答えになっていないかもしれませんが、
一つ書いて見ます。

また
直接のお返事では、もう少しお伝えできる頃がありそうなので、
コレだけがお返事ではありません。



あるワークショップでの質問。
2人組みで私は20代の女性とペアになりました。
仮にBさんとします。


『あなたは何の為に生きているのですか?』

このとき、相手の女性Bさんの答えはたくさんあったのですが・・・
・親のため
・友達の為
・家族、兄弟のため
・職場の人たちのため・・・

で、5分ほどお互いにそれを検証する時間がありました。

初対面でしたが、つらそうなというか悩まれている様子でしたので・・・

アーナンダ(以下A)『変なことを言います。Bさん。もし親がいなくなったらどうなります。それと今の友達もみんな亡くなって、一番長生きしてもBさんは生きていると思います』

Bさん『えっ!そうかもしれませんが、何故そんな風に言うんですか?』

A『いや楽しそうだったら、何も言いませんが、なにかその生き方が辛そうだったので。責任感とかが強い方のような気がして』

B『そんな風に見えますか・・・。実はいつもなんかつらいんです。』

そこからBさんに、私なりにお伝えしたこと。


誰を大切にする時も、
自分を大切にしないと、先に倒れたり、元気がなくなったら、手助けできないですよね。

ということでした。


B『Aさんは何を書いたんですか?』

A『実は小林正観さんという方に影響を強く受けているんですが、

 喜ばれる存在になる

と書きました。まだ大分借り物の言葉になりますが。』

で、その後Bさんが色々聞いてくれたおかげで、
考察を深めることが出来ました。


喜ばれる存在になる為には、
自分がげんきであったり、
明るくあったりしたほうが良さそうだ。


ま〜、自分が太陽のようになれればいい感じですね〜

ナンツ〜感じでその質問については終わりました。



人として生まれ、生きる。

お釈迦様も、
生老病死などの四苦。コレに五蘊盛苦等を加えて八苦。

苦、思い通りにならないことは無くならない・・・

生きることそのものに、意味があるようです。
今だ良く解ってませんが・・・



最後に、
このブログを書き始めたときも載せたこの言葉。

人間が「人生の意味は何か?」と問う前に、人生のほうが人間に問いを発してきている。
人間は、人生から問われている存在である。
人間は、生きる意味を求めて問いを発するのではなく、人生からの問いに答える存在なのである。
       (フランクル)


ん〜〜、死ぬまで考えさせられる言葉と感じてます。

ありがとうございます。


ラベル:小林正観
posted by アーナンダ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

ウツ相談、好きなことをやったら編

IMG_5197.JPG

1998年 『こころの宝島』 斉藤サトルさんのイラスト
1500円
ご参考 本の紹介ブログ
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/91082388.html

IMG_5198.JPG

2005年発売 『宇宙賛歌・日めくりカレンダー』
1800円
斉藤サトルさんのイラスト

アーナンダです。
伏線として、上の絵。

同一人物の7,8年の進化ですね。
(どちらも良いイラストだと思います。ホッとします)



見方道アドバイザー、午前中やりました。

男性の方。20代の方のご相談。
ご本人のご許可いただいた部分書かせて頂きます。

約2時間ほどのお話しました。

  ある方へ、こういううち明け話をして見たら・・・

というような結論になりました。


実は、ご相談の項目をいちいち
 掘っていって、

コレも問題では無いですよね。コレもこの考え方をすれば問題とはいえませんね』

を40分ぐらいやった後でしたが・・・
(本当にクールなところがありますので・・・)


お仕事の悩みの話もあったので、

ふと、

『○○さん、今までお金や時間をかけたこと、好きなこと、趣味はなんですか?』

・卓球
・パソコン
・ゲーム

で、パソコンにフォーカスして話していました。

『あっ、イラストやポスター、POPなんか良く書いてました』

じゃあ、
 ということで2つイラストを描いてもらいました。



で、冒頭の絵のご紹介でした。

パソコンが好き、
イラストが好き、
なら

ブログとかで発表して見ては?
 

15分ほど話、最後の答えは、

『ブログはやるかは解りませんが、前向きに考えて見たいです。』

ヨッシャ〜〜


アーナンダ『そう、自分の判断でやるかどうかは決めるというセリフ      は最高の答えです。元気がでてきましたね。ともかく好きなことやって見ては?』
      というご提案でした。



『好きなこと、打ち込んだことを職業にすると良いですよ』

正観さんから教わった、教えの応用でした。



私なりの味方道。
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html

相手の相談事にダイレクトに答えないことも多いです。


今回の反省
また料金をもらいそびれた・・・
(本は買っていただきました〜〜♪)


1回2000円(時間は決めてないです)
ですので、
よろしくおねがいします。

毎度ありがとうございました。

コマ〜シャル〜〜

mekarauroko.jpg

斉藤サトルさん著(小林正観さん監修)
『目からウロコで目が点で』
1500円

実は絵描き、斉藤サトルは色弱だった!ほか、人間小林正観の姿を浮き彫りにする一冊。
おサルの絵もナイス!コマ〜猿でした。
アーナンダ本の紹介ブログはコチラ
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/91056073.html


今回の本2冊と、カレンダーは全国の
うたしショップ
にて発売中〜〜〜

さらにコマ〜シャル〜〜
 『うたしショップあーなんだ』

送料手数料無料の、
ナイスな
うたしショップです。
ハチャメチャなHPはこちらであります。
アキンドだな〜俺猫
http://ananda.shikisokuzekuu.net/index.htm


posted by アーナンダ at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

ウツ 低体温にご注意





石原 結實先生の本
の一部です。

ウツの方は、
 100%
と言って良いほど

低体温

例えば
女性にいわれること。
『私は体温は平熱(36,5度)あるんですが』

で、この質問
『下半身に冷え、生理不順は?』

『あります』
という答えが返ってきます。

悩みや
気功を希望する方は、
9割以上低体温症状を持っている。
(気功、ケガとかの人は違いますけど)


exclamation&question何故、夏に向かってこんなことを書くのか?
エアコンで体を冷やしすぎると
やはり
低体温をまねくからです。



体温を上げたほうが良いという話しは、
石原 結實先生の本を読んでください。

ウツ傾向でも、
サウナやお風呂上りは
サッパリ
するはずです。

体温が上がっているのが、大きな要因の一つです。
(他にもありますが、今回は体温の話ですので)



アメリカの自殺者
4000人の追跡調査で、

全員exclamation&question

低体温だった
という報告があるそうです。

また
自殺者の上位は、
秋田、青森、岩手、新潟
となります。

北海道は?
多分家の中が温かいので、少し状況が違うのでは?
と私は思っています。
(北海道は、廊下も含め家中を暖めます)
東北はコタツとかで、廊下とかは寒い住宅がほとんど)


また季節要因としては、
10月後半の気温が下がる頃から、自殺が増えます。



さて実際の私の実感の例を追加します。

私はウツの方からのご相談が多いので。

台風上の会話の女性の例を先に書きます。

コレは、下半身が冷え、上半身がのぼせのパターンです。
女性は男性と違い、体温を測定されてる方が多い。
で、わきの下で測って
安心
されているケース。
でも
手足の冷えがある。

イメージとして、血液が腰の辺りで戻って
小さく回っていると思ってください。
全身(手足の末端まで)を大きく回っていない!

なので
手足の冷えがある方は、
お風呂とかではのぼせやすい
のです。

台風昼ごはんは冷えた弁当?シャワーですませてませんか?
コレは実はあせりの心理から来てます。
『忙しい』
と言って、徐々に手を抜くというか
時間を節約しようとする。

台風運動や趣味をやめるか休止したりしてませんか?
結局活動量が落ちて
元気が無くなる・・・



ま〜
いろんな事がありますが、
かつてのウツ症状がひどかった頃の私にも当てはまります。

養生をお伝えする時。

・趣味やスポーツを復活させる。
・フロはひらめき長湯ひらめき(足だけ入れたり、半身浴だったり)
フロの件は、また詳しく書くこともあるかもしれません
・歩いたりすることを増やす

低体温。
本屋さんにたくさん並んでいるはずですから、
パラッとでも
見てみると面白いかもしれません。

ありがとうございます。


posted by アーナンダ at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

1から100より、0から1

asiato.jpg

昨日ブログを読んで、メールを頂きました。

ウツ症状がある方。

系統立てて書くタイプではないので、
同じ内容とかになるかもしれませんが、
時折り
私なりの体験等を伝えて行こうと思いました。



『1から100より、0から1の話』

コレもよくご相談に載っている時、
お話することがあります。

例えば何かをやる時。
完成が100とします。
で、
最初の1から100までより、
0から1を踏み出すのが大事
のようだ。

というお話です。



私の例だと

ウツのため、
32歳で北海道から帰ってきました。

約半年、あまり働いてませんでした。
あるとき、
バイトをしよう
と思いました。

冬のタイヤ交換のバイトからだったと思います。

そして今、
曲りなりにも自分のお店をやっています。
(タソガレてますが・・・)

今を100とすると、
1はどこだったろう?

履歴書を買いに行ったことだろうか?
新聞に目を通すこと?
あるいは、
そろそろ
家から出て、バイトをしようと思い立ったこと?


仮に書店に
 履歴書を買いに行ったことを
  1とします。

今の『うたしショップあーなんだ』
への流れは
全く予期できません。
預言者、ジュセリーノなら解るかもしれませんが。

でも
 1が無ければ
  100の地点には行きません。

1〜100と
 0から1の
  意味の違い。

それは、

 『無から有へ』

だと思っています。

0から1は、
 無いところから、あるところへ。



1はホンの小さなことかもしれません。

・昔の友達にメールしてみる
・本を買ってくる
・道端の花を見て、『キレイだね』と声をかける
・部屋の掃除をする
・パンツをたたんでしまって見る
・海でゴミを拾ってみる
・サッカーボールを蹴る
 ・・・

自分の体験なので、
 まだまだ
  出てきますが止めときます。



『川の流れのように』

(1) 知らず知らず 歩いてきた 細く長い この道
  振り返れば 遥か遠く 故郷(フルサト)が見える
  でこぼこ道や 曲がりくねった道
  地図さえない それもまた人生
  
  ああ 川の流れのように ゆるやかに
  いくつも 時代は過ぎて
  ああ 川の流れのように とめどなく
  空が黄昏(タソガレ)に 染まるだけ

(2) 生きることは 旅すること 終わりのない この道
  愛する人 そばに連れて 夢 探しながら
  雨に降られて ぬかるんだ道でも
  いつかは また 晴れる日が来るから
  
  ああ 川の流れのように おだやかに
  この身を まかせていたい
  ああ 川の流れのように 移りゆく
  季節 雪どけを待ちながら

  ああ 川の流れのように おだやかに
  この身を まかせていたい
  ああ 川の流れのように いつまでも
  青いせせらぎを 聞きながら


 
笹舟をそっと川に流せば、
 遠い海に
  たどりついてくれるかもしれませんね。

そんな早起きした日の
 お昼でした。

お店の床を拭こうっと。

ありがとうございます。
ラベル:ウツ うつ
posted by アーナンダ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

コレは俺だったかもしれない

125-2557_IMG.JPG

ちょっとヘビーな感じになりそうで、
写真ぐらい
ピースフルな感じに・・・



秋葉原の事件。
その後の報道(実は私のお店にはTVがないのです)

加藤智大容疑者が書いた携帯の文章を見ました。


正直な感想は、

オレも考えたことがある。

特に、
>>3月2日 このまま死んでしまえば幸せなのに そう思うことが多々あります<<

ウツがひどい時。
この文章そのままのことを良く考えてたな〜

他にも色々ありますが、
>>4月15日 ネットから卒業すれば幸せになれるという人が居ます 私の唯一の居場所を捨てれば幸せになれるのでしょうか すなわち、死ね、ということなのでしょう<<

ネットではありませんが、その時の居場所を否定するような言葉をタビタビ受けたとき。
同じような感情になりました。



犯罪そのものは、許しがたいもの。
被害に合われた方、関係者の方の心情を考えると、深い悲しみも感じます。


しかし
私の中でこんな声がありました。

『コレは俺だったかもしれない』

私の中にも、同じような感情が間違いなくある。

ただ加藤容疑者との違い。
それはプロセスだったのかもしれません。

周りの友が私のメッセージに気付いてくれたこと。
弱さを受け入れてくれたことのようです。



ちょっと重くなってしまいましたが、
良き友に囲まれ、
幸せだな〜

おもいます。

ありがとうございます。
posted by アーナンダ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

考えすぎる性格と一緒に歩む・・・

IMG_4707.JPG

ちょっとコマ〜サル〜〜
五日市剛さん講演会 八戸 7月21日

チケットお問い合わせ
080-3652-8112  津原まで
郵送します。
郵送料は無しの、2000円でお届けしますよ〜
郵便局の口座間振込み
記号 10160  番号33683111
               ツハラアキヒロ でお願いしてます。




・考え込みすぎる自分を変えたい。

・考えないあの人のような性格がほしい



そんなご相談を受けるときがあります。
(味方道アドバイザーもやってます。http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html



さて私自身が

 考えすぎる自分を変えたい!

 考えすぎないような自分になりたい!!

 あの人のような(考えすぎない)性格にあこがれる!!!


と思っていました。


これよ〜〜く考えると、
 今の自分を否定するところから、始まっています。

経験から行くと、

 『考えすぎる自分』

という特徴は変わりません。


そもそもウツ的なものは、
 何かを否定したり、比べるところから来るようです。



なので、

『考えすぎる自分』

と思っている特徴。


これを受け入れて、
自分の楽な方向に発揮していくのが良いようです。


24時間自分と付き合うのは、自分。

考えすぎるという性格を受け入れ、
考えるだけ考える。
答えがでなくてもいいから、特徴どおり生きる。

今はそんな感じです。

毎度ありがとうございます。

メインブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/article/100467287.html
ラベル:ウツ うつ
posted by アーナンダ at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

見方道アドバイザー@

アーナンダです。
久しぶりに書くな〜

仕事柄、
悩み相談の毎日と言っていいのかもしれません。

ウツとはダイレクトではありませんが、
 相談事のお話も書こうかな?
  という感じです。

IMG_5115.JPG

見方道アドバイザーの修了証です。
小林正観さんの署名があります。

見方道アドバイザーとは?
ご参考に(文章変えなくてはな〜)
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html
全国にいますよ。
http://www.skp358.com/topics/event/adviser/adviser_list.html



何個かの相談をまとめたり、一般化して書くこともありますのでご容赦ください。
(守秘義務があるので、許可を得ているものを書いてますし、一般化してあります)


◆ある従業員の方が辞めたいと言って来た。職場内の人間関係のようだ。
社長さんからのご相談でした。
(結構な人数の企業)

この話しに対しては、

『良かったですね』

『会社のトップに相談できる社風があるんですね』

というところからお答えしました。

この従業員さんは辞めるかもしれない。
でも各従業員の方と、
1対1で対話を進めてはいかがでしょうか?


その後の会話で、

『全部終えるのに2ヶ月はかかると思う』

とのことでした。



コレは正観さん、斎藤一人さん、今野華都子さん。

こういった方の教えから答えたものです。
(後で分析するとですが・・・)



さて
私のようにある種、
体系的ではない(正観さんごめんなさい)
学び方をした人間。

相談事に当る時、
いくつかの
コツがあります。

上の例では、

『良かったですね』

というやり方が一つです。

人間の脳は、
こういう言葉から入ると、
思わぬ答えを引き出してきます。

不思議です。



ウツとは関係ない内容でしたが、
 相手のことを敏感に察知する能力は、
  ウツと同じ特徴からきていると思います。

良かったですね!

声かけてもらうとうれしいかもしれません。

いつもありがとうございます。







posted by アーナンダ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

未来の自分からの応援

アーナンダです。
久しぶりにこのブログは書きます。

R11D01-1.jpg

足立育郎さんの中性子のイラスト。
http://www.ifue-finf.jp/partsj.html



この話しは、自分を信じるようになれる。
優しい気持ち になれる。
今の苦しさ等を乗り越える力になる。

そんな要素の話しです。



 何かに守られてる。
 誰かに見守られてる。


そんな感覚になる時は無いでしょうか?

うたしショップあーなんだナカナカにタソガレておりますが、
なんだか
まだ続く感じがします。

守られてる感があります。

で、
先日ミクシィ上で書いた日記。
意外に
好反応だったので、
改めて、書いてみようと思いました。



『未来の自分からの応援』

気が向いた時ですが、
30〜31歳、35〜37歳の頃の自分に
気持ちを向け、
応援することがあります。
(今現在、多少の困難と呼ばれるものにぶつかっている時が多いです)

40歳の私が、
31歳のウツ症状がきつかった自分に

『大丈夫!その試練は乗り越えられる。
いま、笑顔で(あの頃の自分に)エネルギーを送ります』


ま〜
そんな内容で
 エール
を贈ることがあります。



すると不思議ですが、

優しい気持ちになり、
気持ちが落ち着いてきます。

目の前の試練に対しても、
未来の笑顔の自分から
エールが
届いていると
思えるんです。



今現在。
 試練の為に、
  何かを求めている状況。

だけど、
 過去の自分に
  やさしさやはげましを
投げかける。

まず

出していくことから始める。

すると
息を吐いたら、
自然と
吸うように。

なぜか?

自分を見守ってくれているもの、
未来の自分の笑顔を
信じることが出来る。



きつかったり、
ツライ状況の時。

だまされたと思って、
過去の自分

応援して見ては如何かというお話でした。



何時もありがとうございます。
posted by アーナンダ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

ぼくはくま




11曲目 『ぼくはくま』

昨日、彼女が飯のときアルバムかけてて、
一瞬、
歌詞にクギヅケになりました。

悲しいというか、セツナイ・・・



ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=0TUo5kS7p_8
これいつか消えるかもしれないので、
文章で、

『ぼくはくま』

ぼくはくま くま くま くま
車じゃないよ くま くま くま
歩けないけど踊れるよ
喋れないけど歌えるよ

ぼくはくま くま くま くま

ぼくはくま くま くま くま
けんかはやだよ くま くま くま
ライバルはエビフライだよ
ゼンセはきっとチョコレート
ぼくはくま くま くま くま

Bonjour! Je'mappiie kuma
comment ca va?

ぼくはくま くま くま くま
冬は眠いよ くま くま くま
夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」

ぼくはくま くま くま くま

夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま 九九 くま
ママ くま くま



しゃべれないけど、歌える。

歩けないけど、踊れる。



自分のこと。
宇多田ヒカルさん本人のことを
表現しているとしたら、
ちょっと
せつなく
 なりました・・・



まくらさんだけの、
夜と朝。



なんだか、
 童謡の
 『しゃぼん玉』

似ているかな・・・


ありがとうございました。


posted by アーナンダ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

神様から好かれる、好かれない

アーナンダです。

IMG_4840.JPG

Aさんが、小林正観さんに相談した時のこと。
(多少前後の話をカットしています)


Aさん:『悩んでるんですが、どうしたらいいでしょうか?』

正観さん:『悩まなければいいじゃないですか』

Aさん:『だから、悩みをなくすにはどうしたらいいでしょうか?』

正観さん:『悩むのが好きであるなら、悩めばいいし、悩むことを止めたいなら止めればいい』

Aさん:『でもどうしても悩むんです。どうやったらいいんでしょうか?』

正観さん:『それが趣味であればそうすれば良いではないですか』

的なことが続いて、


正観さん:『あなたは神様から好かれない人ですよ』

と言われたそうです。


誤解が無い様に書いておきますが、
 その後
  考え方としての提案を
   正観さんはしてくれたそうです。




この話しをAさんからしていただいたとき、

 ハッ
しました。


どうしても考え込む時、
 
でも、
だから、
〜〜のせいで、


と考えている自分がいる。

私も
 『神様から好かれていない人』
と気付かせていただきました。



IMG_4880.JPG

『展開』(小林正観さん うたし暦より)

「なるほど」
「そうね」で
始まる会話、
「でも」
「だって」で
途切れる言葉。



いつも
 ありがとうございます。





posted by アーナンダ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

教わることが多いな〜

IMG_4833.JPG

アーナンダです。

昨日は、
小林正観さんの本の紹介のブログ(ホームページリンク用でもある)
13回分書いてみました。
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/



その時読んで、

ハッとさせられました。

この本や、斉藤一人さんのCDでずいぶん

『気が楽になった』

そして

『今はまた忘れている・・・』




今日、八戸の
『ひきこもりの会』
に参加してきました。

以前、アドバイスをした方で、
『違う考え方がある』
ということに気付きました。
と言ってくださった方から。

『アーナンダさんは、今でもいろんな事を求めているようですね』

瞬間素直に受け止めれない自分がいました。
しかし
おっしゃるとおり。

気付きを頂きました。



『下座に生きる』
下に下りていく生き方。

出来たらカッコイイです。

ん〜〜、
教わることの多かった、
3月もあと少しです。

いつもありがとうございます。
posted by アーナンダ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。