2009年06月25日

言うことを聞かない子の母親の考察

ウツ病ブログではありますが、

『いうことを聞かない子の問題』

の場合、
こんな考え方もある
という感じで読んでいただければ幸いです。



小学生のA君。
お母さんのB子さんと一緒にいました。

ある場所で過ごした後、
A君は自分のカバンを持たずに外に出ました。

B子さん:A!、あなたのカバンだから持ってって!!

A君:やだよ〜〜

B子さん:しょうがない・・・

と言って
 カバンを
  持って帰りました。



このケースの場合

多くの大人が、

『A君、お母さんが大変だから持って行きなさい』

とA君に声をかけると思います。

これも大事です。


ただ
本当にA君だけの問題なのでしょうか?

実は、
お母さんのB子さんが、
ある種、
一回一回

面倒だから

いうことを聞かなくなった側面は無いでしょうか?


上のケースで、
カバンを置いたまま帰っていくことを繰り返せば、
A君は自分のカバンを
 持ってかえろうとする
  人間になるのではないかと思います。


カバンを持ってかえってあげる母親。
カバンを置いていく母親。


本当に子供のことを考えて
行動しているのはどっち?

そう言うことを
 B子さんに伝えることが大事だと考えています。

見方道アドバイザー アーナンダでした。
posted by アーナンダ at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悪いとは思うんですが、今のパターン……物凄く悲しいです。

これを見て、子供が何を思っていたのか考えずにカバンを置いていく(例えなのは分かっていますが)親が出てきたら、どうするんですか?

もし、親を信用したい子供が同じ行動をしていて、その子が親を信用しなくなった時、責任をとれますか?
Posted by リヴァ at 2010年02月26日 15:00
リヴァさんコメントありがとうございます。

ご意見はご参考にさせていただきます。

このB子さんの例は、
目の前で起きた実例ではあります。

>>
B子さん:A!、あなたのカバンだから持ってって!!
<<

とお母さんが一旦お願いしています。
お子さんである
A君の意思確認はしている状況でした。
(また私の前で日常的に繰り返していた行動でもありました。こう言うニュアンスを書くべきでしたね)

私のこの文章だと前後が、
わかりにくいですね。

私とか周りの大人が、
子どもが悪いと決めて、
簡単にA君に注意するだけでいいのかな?
というつもりで書きました。

過去に書いた文章を
もう一度洗い直さなくてはならないようです。
コメントありがとうございました。
Posted by アーナンダ at 2010年02月26日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122216705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。