2008年06月17日

コレは俺だったかもしれない

125-2557_IMG.JPG

ちょっとヘビーな感じになりそうで、
写真ぐらい
ピースフルな感じに・・・



秋葉原の事件。
その後の報道(実は私のお店にはTVがないのです)

加藤智大容疑者が書いた携帯の文章を見ました。


正直な感想は、

オレも考えたことがある。

特に、
>>3月2日 このまま死んでしまえば幸せなのに そう思うことが多々あります<<

ウツがひどい時。
この文章そのままのことを良く考えてたな〜

他にも色々ありますが、
>>4月15日 ネットから卒業すれば幸せになれるという人が居ます 私の唯一の居場所を捨てれば幸せになれるのでしょうか すなわち、死ね、ということなのでしょう<<

ネットではありませんが、その時の居場所を否定するような言葉をタビタビ受けたとき。
同じような感情になりました。



犯罪そのものは、許しがたいもの。
被害に合われた方、関係者の方の心情を考えると、深い悲しみも感じます。


しかし
私の中でこんな声がありました。

『コレは俺だったかもしれない』

私の中にも、同じような感情が間違いなくある。

ただ加藤容疑者との違い。
それはプロセスだったのかもしれません。

周りの友が私のメッセージに気付いてくれたこと。
弱さを受け入れてくれたことのようです。



ちょっと重くなってしまいましたが、
良き友に囲まれ、
幸せだな〜

おもいます。

ありがとうございます。
posted by アーナンダ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。