2009年06月25日

言うことを聞かない子の母親の考察

ウツ病ブログではありますが、

『いうことを聞かない子の問題』

の場合、
こんな考え方もある
という感じで読んでいただければ幸いです。



小学生のA君。
お母さんのB子さんと一緒にいました。

ある場所で過ごした後、
A君は自分のカバンを持たずに外に出ました。

B子さん:A!、あなたのカバンだから持ってって!!

A君:やだよ〜〜

B子さん:しょうがない・・・

と言って
 カバンを
  持って帰りました。



このケースの場合

多くの大人が、

『A君、お母さんが大変だから持って行きなさい』

とA君に声をかけると思います。

これも大事です。


ただ
本当にA君だけの問題なのでしょうか?

実は、
お母さんのB子さんが、
ある種、
一回一回

面倒だから

いうことを聞かなくなった側面は無いでしょうか?


上のケースで、
カバンを置いたまま帰っていくことを繰り返せば、
A君は自分のカバンを
 持ってかえろうとする
  人間になるのではないかと思います。


カバンを持ってかえってあげる母親。
カバンを置いていく母親。


本当に子供のことを考えて
行動しているのはどっち?

そう言うことを
 B子さんに伝えることが大事だと考えています。

見方道アドバイザー アーナンダでした。
posted by アーナンダ at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。