2008年05月26日

見方道アドバイザー@

アーナンダです。
久しぶりに書くな〜

仕事柄、
悩み相談の毎日と言っていいのかもしれません。

ウツとはダイレクトではありませんが、
 相談事のお話も書こうかな?
  という感じです。

IMG_5115.JPG

見方道アドバイザーの修了証です。
小林正観さんの署名があります。

見方道アドバイザーとは?
ご参考に(文章変えなくてはな〜)
http://ananda.shikisokuzekuu.net/mikatadou.html
全国にいますよ。
http://www.skp358.com/topics/event/adviser/adviser_list.html



何個かの相談をまとめたり、一般化して書くこともありますのでご容赦ください。
(守秘義務があるので、許可を得ているものを書いてますし、一般化してあります)


◆ある従業員の方が辞めたいと言って来た。職場内の人間関係のようだ。
社長さんからのご相談でした。
(結構な人数の企業)

この話しに対しては、

『良かったですね』

『会社のトップに相談できる社風があるんですね』

というところからお答えしました。

この従業員さんは辞めるかもしれない。
でも各従業員の方と、
1対1で対話を進めてはいかがでしょうか?


その後の会話で、

『全部終えるのに2ヶ月はかかると思う』

とのことでした。



コレは正観さん、斎藤一人さん、今野華都子さん。

こういった方の教えから答えたものです。
(後で分析するとですが・・・)



さて
私のようにある種、
体系的ではない(正観さんごめんなさい)
学び方をした人間。

相談事に当る時、
いくつかの
コツがあります。

上の例では、

『良かったですね』

というやり方が一つです。

人間の脳は、
こういう言葉から入ると、
思わぬ答えを引き出してきます。

不思議です。



ウツとは関係ない内容でしたが、
 相手のことを敏感に察知する能力は、
  ウツと同じ特徴からきていると思います。

良かったですね!

声かけてもらうとうれしいかもしれません。

いつもありがとうございます。







posted by アーナンダ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

未来の自分からの応援

アーナンダです。
久しぶりにこのブログは書きます。

R11D01-1.jpg

足立育郎さんの中性子のイラスト。
http://www.ifue-finf.jp/partsj.html



この話しは、自分を信じるようになれる。
優しい気持ち になれる。
今の苦しさ等を乗り越える力になる。

そんな要素の話しです。



 何かに守られてる。
 誰かに見守られてる。


そんな感覚になる時は無いでしょうか?

うたしショップあーなんだナカナカにタソガレておりますが、
なんだか
まだ続く感じがします。

守られてる感があります。

で、
先日ミクシィ上で書いた日記。
意外に
好反応だったので、
改めて、書いてみようと思いました。



『未来の自分からの応援』

気が向いた時ですが、
30〜31歳、35〜37歳の頃の自分に
気持ちを向け、
応援することがあります。
(今現在、多少の困難と呼ばれるものにぶつかっている時が多いです)

40歳の私が、
31歳のウツ症状がきつかった自分に

『大丈夫!その試練は乗り越えられる。
いま、笑顔で(あの頃の自分に)エネルギーを送ります』


ま〜
そんな内容で
 エール
を贈ることがあります。



すると不思議ですが、

優しい気持ちになり、
気持ちが落ち着いてきます。

目の前の試練に対しても、
未来の笑顔の自分から
エールが
届いていると
思えるんです。



今現在。
 試練の為に、
  何かを求めている状況。

だけど、
 過去の自分に
  やさしさやはげましを
投げかける。

まず

出していくことから始める。

すると
息を吐いたら、
自然と
吸うように。

なぜか?

自分を見守ってくれているもの、
未来の自分の笑顔を
信じることが出来る。



きつかったり、
ツライ状況の時。

だまされたと思って、
過去の自分

応援して見ては如何かというお話でした。



何時もありがとうございます。
posted by アーナンダ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。