2007年08月01日

ウツの人にかける言葉

赤い花img2c55045fzi.jpg


これも良く聞かれます。

『ウツの人がいたら、どうしたらいいの?』

あまりに大きな範囲の質問です。

『何もしないでください』
と答えることも多いです。

何かをしてあげるという行為そのものが、
命令や否定に感じられることも多いから・・・

 『寄り添う』
ことが一番かもしれません。



かける言葉で、一つのコツはあります。

 【Iメッセージ】を使う方法です。

Iメッセージは、
「あなたが○○したことで、私はこんな影響を受けまし
た」


という言い方です。

これは、コチラの感情を伝えるので、
相手が否定することが出来ません。


ウツの人間は、どんな状況も否定的に捉えていきます。
私もそうでした。



具体的にはこんな言葉です。

『あなたが悩んでいることを相談してくれて、僕はうれしいよ』

『君がまとめてくれた資料で、うまくいった。君には感謝の気持ちでいっぱいだ。』

などです。



ベストセラー
 『鏡の法則』
野口嘉則さんのブログに、詳しくのってます。



今のままで、

うれしい、たのしい、幸せ

と苦しんでいる人に、
あなたの気持ちを伝えてあげてください。

ありがとうございました〜〜♪

posted by アーナンダ at 01:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウツに頑張ろうは何故?いけないのか。

7色img18447f05p51iz3.jpg7色img07949337p50vts.jpg

前回は
 『生存価値』
について書きました。



良く聞かれますが、

『何故、ウツの人に頑張ろうはいけないの?』

ウツであった私自身、きちんとした説明がつかないでいたある日。
小林正観さんの文章が目に留まりました。
(うたしショップ あ〜・なんだで正観さんの著作売ってます)

正確ではありませんが、こういった内容です。

>>悪気はないのでしょうが、
 『頑張れ』
という言葉には、
『今のあなたではダメだからもっとチカラを出しなさい』
というのが9割入っています。<<

と言うような内容でした。



確かに私がウツの頃、 
 『頑張れ、やれば出来るよ』
と言われると、

 『頑張れないから苦しいんじゃないか。俺はダメなんだ・・・』

という感情が起きていました。



ウツの人がまわりにいる方へ。

少し難しいかもしれませんが、

◆今のあるがままの状態を、認めること。そのままでも生存価値があると伝えてあげてください◆



ウツで苦しんでいる方へ。

◆優れていたり、能力がある必要はないんです。勝たなくたって良いんです。あなたがこの世に生まれてきたくれた奇跡に、私は感謝したいと思います。ありがとう◆



頑張ろうには、相手に対する否定が入るということです。

ありがとうございました〜〜猫





posted by アーナンダ at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生存価値はある

さくらんぼimgfc08591fzikfzj.jpg

元うつ病の
アーナンダさん58です。
(治ったと言うより、正確に言うと、今はウツ的性格とうまく溶け合い、許しあってます)



1つ目の記事として、

 『生存価値』

について書きます。

ウツ状態のときは、

 『どうせ生きていたってしょうがない』
 『自分はダメだ。価値が無い・・・』

など、

自分の『生存価値』

を否定してしまいます。



でも良く考えて見ると、
何の根拠も無い。
逆にその症状になる前、
 『元気』
と呼ばれる状態のときも、
根拠無く、
元気なんです。



生存価値については、また書くこともあると思いますが、
2つメッセージを。

 今、ウツで苦しんでいる人へ。

『あなたのタマシイは、それだけの試練を選んで生まれてきた素晴らしいタマシイです。必ず乗り越えられる、素晴らしいタマシイです。誇りを持ってください』

『良かったですね。いつかウツになって良かったと思える日が来ますよ。あなたの中のやさしさが発揮される日が必ずやって来ます』



人間が「人生の意味は何か?」と問う前に、人生のほうが人間に問いを発してきている。
人間は、人生から問われている存在である。
人間は、生きる意味を求めて問いを発するのではなく、人生からの問いに答える存在なのである。
       (フランクル)

ありがとうございました〜〜猫
posted by アーナンダ at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。